Skip to content

食事なしプランの利用

例えば、年に何回もない旅行の機会であれば、目的地周辺のホテルならどこでもいいということはないですよね。疲れを癒し、翌日も快く過ごすためにはホテルの質も重要です。そこでここでは、同じホテルの同じような部屋に、より安く泊まるための手段を考えてみます。
ポイント
希望のホテルがある程度絞られてきたら、予約サイトなどでそのホテルについて調べてみましょう。
それぞれのサイトやホテルの公式サイトで、独自のキャンペーンが行われている場合があります。
また、サイトによっては宿泊に応じてポイントが貯まったり、クーポンが発行されたりすることもあります。

少し前の時代には、ホテルの宿泊料金には朝食代が含まれていたものですが、最近では朝食を含まないプランを打ち出すホテルも多くなっています。
ホテルの朝食といえば、最近ではそれぞれのホテルが地元の食材を使うなどして魅力的なメニューを工夫するようになっていますが、特に豪華な朝食が目的ではないのであれば、朝食を含まないプランを選ぶことで料金を抑えることが可能です。

最近では、品数の多い豪華な食事が出る印象の強い旅館であっても、朝食なし(素泊まり)のプランを用意しているところが増えています。移動の時間に食事を組み込む、地元のレストランを利用するなど、ホテルでの朝食にこだわらないのであれば、ぜひお勧めしたいプランです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホテルのお得な予約法

インターネット現在では、インターネット上に多くの予約サイトが存在します。
それらの予約サイトにおける特定の部屋の料金を比較するサイトもあり、ホテル探しはある意味では容易になっていますが、選択肢が多くなりすぎるという問題もあります。
予約サイトにもそれぞれの特徴があり、得意分野を持っているため、自分の目的に応じたサイトを選ぶとスムーズに予約することができるでしょう。

また、サイトによって同じホテルの同じ部屋の料金が異なるのはよくあることですが、大阪の東急REIホテルのようにホテルが公式サイトで「最低価格保証」を行っていることもあります。予約サイトへの手数料がかからない分、安く提供できるのです。最低価格保証を行っている場合、ホテルの公式サイトより安い料金を見つけた場合にはその旨を連絡すると、同じ条件であると確認された場合には差額の返金などの対応が得られます。

予約のタイミングを選ぶことも大切です。宿泊料金にも「早割」が適用される場合は、日程が決まったら早めに予約をして、後からよりよい条件のホテルが見つかったらキャンセルするという手段も取ることができます。また、宿泊日の直前になると空室が大幅に値引きされることもあります。混雑する時期や曜日でない場合は、こういった機会を利用するのもよいでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホテルの宿泊費用を抑えるには

これを読んでいるみなさんは、どのくらいの頻度でホテルを利用されるでしょうか。宿泊を伴う出張が多い人もいるでしょうし、個人的な楽しみのためのホテルを利用する人もいることでしょう。

ホテルの寝室個人的な利用といっても、その目的はさまざまです。
旅行の場合は、観光地巡りなど地元ならではの体験をすることを重視することもあれば、ホテルでゆっくり過ごすというのもいいものです。
また、遠方でのコンサートやイベントなどに参加する上で宿泊が必要になる場合もあり、ホテルにかかる費用はなるべく抑えたいと考えることもあるでしょう。

同じところに泊まるのであれば、費用はなるべく抑えたいものです。特に豪華な施設がなくても寝る場所が確保できればよいと考えるのであれば、基本的に料金の安いホテルを見つけることができるでしょう。ただ、実際にはホテルにもある程度のレベルを求めたいですよね。こういった場合には、宿泊を希望するホテルのよりお得なプランを探す必要があります。

同じホテルの同じ部屋であっても、毎日同じ値段で提供されているわけではありません。料金の安くなる日を選ぶこと、また予約するタイミングを工夫することで、費用を抑えることは可能です
ただ、実際のところは、旅行にしてもイベントへの参加にしても、「ホテルの料金が安くなること」を前提に日程を組むのは難しいものです。宿泊を希望する特定の日において、選択肢の中からより安く利用できるホテルを探すというのが一般的な方法でしょう。ここでは、希望するホテルをより安く利用するためのコツについてお話しします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・